イタリア生活+妊活ダイアリー

イタリア人と結婚しイタリアで生活する主婦のイタリアダイアリー&妊活記録

体外受精に向けた検査

私たちが行っているクリニックの先生は、どの治療法を試すかはご夫婦で相談してください、というスタンスなので、左の卵管閉塞が疑われる私は、もうすぐ36歳ということもあり時間を無駄にしたくないので最初から体外受精をすることに。

 

それに伴い、クリニックから必要な検査リストを渡されました。ネットで調べてみると日本で通常行う検査とはだいぶ違っているような・・・

 

夫婦で共通なのは

・染色体検査

・梅毒検査

・B型、C型肝炎

HIV検査

 

そして夫は

Spermiocolturaという、精液に感染症がないか調べる検査

 

私は

・血液型検査

・マンモエコグラフィー

嚢胞性線維症(聞いたことない病気!)

・心電図

甲状腺ホルモン検査(TSH)

・ヘモグロビン検査

・G6PD

・血小板の検査

・TORCH検査

 

これに加え卵管通水検査がありました。

 

アルファベットの羅列で何の事だかよく分からないけれど、遺伝子異常や遺伝子要因の病気を始めとする、いろんな病気の検査ばかり。

 

ホルモンの数値とか、卵子の老化具合とかそうゆう類の検査はないんですね・・心電図とか日本でもやるの?

 

この全ての検査でおよそ€800ほどかかります。

恐ろしい。。。

 

今後どんな流れになるのか話を聞きに行ったら、まず生理の3日目にクリニック受診をし、自己注射や投薬を開始。そのあと卵巣の状態をモニタリングするのに数回受診するだけだそうです。

 

自己注射とか怖すぎなんだけど、ちゃんとできるのかな・・・

始める前からいろいろ不安が募ります。

 

染色体検査が結果が出るまで3週間はかかるので、早ければ6月の生理サイクルから投薬開始で7月に採卵となるようです。

 

不安だけど、絶対に赤ちゃん欲しいので頑張らなきゃ。

通水検査

ずっと卵管造影検査だと思っていたけれど、いくつかやり方があるようで、私がやったのはsonoisterosalpingografiaという長ーーい名前のいわゆる「通水検査」でした。

 

カテーテルを挿入して水が流れるかどうかエコーで観察するというもの。

 

まず子宮を広げる器具を入れたところでけっこう痛くて、先生と看護師さんに心配されつつ

 

「じゃあまず右側から入れますよ、準備はいいですか?」

 

ぼわーっと子宮が膨らむような感覚すぐ後に、生理痛のすごく酷いバージョンのような痛み・・・

私は普段ほとんど生理痛がなく、喚くほどではないけれど心拍数が上がるほどの痛みでした。

 

こんなに痛いなら卵管詰まってるんじゃ?と思ったけれど、右側は問題なし。

 

 

それから少しだけ休んで左側に通水。

 

 

こちらは右よりもはるかに痛く、あまりに痛がるので先生も途中でやめてしまい、続行不能に。

水は半分も入っておらず、卵管閉塞との診断。

 

ショック・・・

 

 

少しの閉塞なら水の圧で通すことも可能だけれど、あまりに痛くて無理でした。

 

卵管が詰まっているから妊娠できなかったのか・・・

排卵は左右が順番にするわけでなく、片方が続いたりすることの方が多いそうで、これでは確率もすごく低くなっちゃうよね。。

卵管閉塞している側の卵子たちは排卵期にどこに行ってしまうんだろうか?吸収されるの?

 

 

痛みはその後も長引き、少し出血もしていました。

今後の予定ではまず人工授精を3回トライしてみましょうとの話だったけれど、夫が直接体外受精にトライできるか聞いたら、それか各カップルの選択の自由だから体外でも良いですよ、と。

 

つまり金額さえ払えばこ希望の治療しますよ、という事です・・・

 

 

確かに、卵管が詰まっていたら人工授精にトライしてもあまり意味がないんじゃないかとも思う。

 

 

このクリニックの人口受精の料金は1クール500€。最大3回までなので1500€。

 

体外受精の場合は1クール3250€、約40万円もします。体外受精は経済的に負担が大きく、夫はお金のことは気にするなと言いますが、家のローンもあるし体外受精に踏み切ることで私は仕事をかなりセーブしないといけなくなるので収入も減るし、心の負担も経済的な負担もかなり大きくなりそう。

 

 

自然に妊娠できる人はこんな苦労しなくていいのに、、、なんて考えてしまいますが、それは考えたってどうにならない事。

少しでも前を向いて頑張りたいと思います。

 

 

 

 

不妊治療のスタート

妊活も2年を過ぎ、全く妊娠の気配がないのでついに不妊専門クリニックに行ってきました。

 

ホームドクターから勧められたプライベートクリニック。予約もすぐに取れる反面、やはりとっても高額です。

 

 

初回はまず担当医とのカウンセリングとエコー検査。

これまでに受けた血液検査や精液検査、薬の履歴、手術などのヒストリーを全て持参して現在の状態や今後の方針を話し合いました。

 

夫の最新の精液検査は異常がないこと、エコーも血液検査も大きな問題なし、ホルモン値も正常なので、年齢も若くないので人工授精からやりましょう、という事になりました。

 

この1時間弱のカウンセリングとエコー検査のお値段は182€でした・・

 

人工授精を始めるための様々な検査の総額は2人で約600€ほど。

なかなか値段が張ります。

 

まずは次の生理が来たら卵管造影検査の予約を入れるように言われました。

 

卵管造影検査って痛いのかなぁ・・ドキドキ。

義両親との関係

イタリア人は日本人と比べてとても人懐っこいけれど、私にとって度を越してると感じることも多々あります。あり程度の年齢の女性のお節介さも、もはや鬱陶しいと感じることも。

 

夫の両親は、悪い人たちではありませんが私にとっては度がすぎるお節介焼き。

様々なことに口出し・介入、関わろうとしてきます。

 

個人・自立をベースに教育を受けてきた私にとってはそれがとても耐え難いことも。

何をするにもいちいち自分たちの意見を述べて、時には押し付けてきます。世話を焼きたい気持ちから来ているのだろうけど、私にとってはかなり不愉快。自分の息子の世話だけ焼いといてくださいよって感じです。

 

プライバシーも皆無で、我が家に長期で泊まりに来てさも自分たちの家のように当たり前に滞在して、台所も自由に使い、全ての戸棚を開けまくり、自分のものには一切触れて欲しくないというタイプの私には苦行でした。

 

特に義母がひどく、私たちの家なので夫に「あれ取ってきて」「ここ拭いておいて」と指示しても、義母が横取りし「私がやるから!」と。わたしは義母に触って欲しくないので「わざわざ」夫にやらせようとしているのに。

 

こうして俗言う「マンモーネ」(マザコン)出来上がるんだな、と。マンモーネは母親が息子にそうさせてしまうんですよ。決して息子のせいではない。

 

 

2週間以上も当たり前のように我が家に滞在し、私のストレスも限界を超え、夫は全然気配りしないし、そんな環境で気持ちもどんどん冷めてしまい全くスキンシップしたくなくなりました。。。

 

排卵日付近にも滞在し続ける義両親。

 

こんな環境では子作りしたいなんていう気持ちは消えてしまいます。

 

ストレスでよく眠れないし夜中に吐き気で目が覚めたりも。極度のストレスにさらされ時に起きる症状。過去にもありました。

 

夫には常日頃、義母のデリカシーの無さ、プライバシーを尊重しなさ、他人に家を勝手に触られることの不快さなどを伝えていたのに、あぁこの人全く理解してないんだなと残念な気持ちと共に、すっかり冷めてしまいました。

 

 

 

排卵検査薬基礎体温排卵日付近にタイミングをもっているのに、また今月も生理が来ました。

 

予定日からほぼズレることなく毎月定期的に来る。

 

子作りを始めて1年7ヶ月。

夫の精液検査の所見が良くなったので自然に出来るかも、と期待しましたがまったくヒットせず。前回の検査からだいぶ経っているのでもしかしたらまた悪い方に戻っているかもしれない・・・

 

最初から不妊専門医に指示を仰いで必要な検査受けて原因を明らかにして近道したいという思いと、いつか自然妊娠するんじゃないかという淡い期待もありなかなか踏み出せなかったのですが、あまりに長い間妊娠にかすりもしないのでついにクリニックを予約しました。

 

プライベートクリニックなので公立のように何ヶ月も待つ必要はなく、まず最初の面談の予約を取りました。

 

面談だけで180€(約2万2千円)もします。。

 

今後検査や高度医療になればさらに高額の出費は避けられない・・・

 

家を買ったばかりで火の車なのに、やっていけるのだろうか。

また陰性

夫の精液初見は通常ラインまで改善し、医者にも普通にしてればできるよ、と気軽に言われるんだけど(毎回)、今回も陰性だった。

 

なかなか妊娠しないんですけど、って医者に相談しても、簡単な血液検査エコーだけ。まだ若いしそのうちできるわよ〜ってお気楽モード。

 

もう36歳になる手前、若くない。

もし原因があるなら全部検査して知りたいし、時間を無駄にしたくない。

 

 

このところお腹の膨満感がひどく、ずっと鈍痛がある。膀胱炎気味、頻尿、ひどい口内炎胃もたれ、消化不良、ゲップ。

 

明日、手術後初の子宮頸がん検査で、念のために思ってクリアブルー試したら陰性。生理4日前。

 

いつもない症状がオンパレードでちょっと期待したけど、妊娠でないということは何なの病気なのか?

膨満感がひどく痛みもあり動いたり屈んだりが辛いし食事してもすぐに満腹になってしまう。

 

色々ググってると卵巣癌の症状に当てはまる。

 

 

思考はどんどんネガティヴに。。。。

 

 

そんなところに次々と飛び込んでくる友人の妊娠、出産報告。

 

 

体調も良くないし、気持ちも落ち込んでるし、喜べない自分もいるしで最悪。

結果

土曜に夫が受けた精液検査、プライベートクリニックで3万円ほどかかったのだけど、月曜には結果が出た。前回の公立病院では結果も1ヶ月待ちだったのでありがたい!

 

それにかなり詳しい検査がされてて、体外受精のときにするswim-up方での検査結果もあった。

 

前回、正常形態率が1%と絶望的な結果だったのですが、抗生物質とサプリを1クール(3ヶ月)摂ったところ、なんと13%まで改善していました!!

 

運動率はやや下がっていましたが、総精子数も3倍に増えていて、薬の効果を実感しました。

前回はなかった白血球が基準値より多かったのはちょっと気になるところではありますが、、、

 

この結果を持ってまた別の医師に相談に行かなくてはいけません。何事も一つの場所でできないのが面倒なイタリア。

 

ひとまず、目標だった正常形態率アップは達成できて2人で胸を撫で下ろしました。

 

排卵日付近でタイミングを取りましたが9月は生理が2日遅れで来てしまいました。

10月こそ・・・出来たらいいなぁ。